ペット専門カウンセラーの紹介

愛犬“モコ”との思い出

薬匠堂では様々な飼い主様からご相談を頂いておりますが、愛犬・愛猫をどうにか助けてあげたい、治してあげたいという強い気持ちを持たれている方ばかりです。
私にも子供の頃から一緒に暮らしていたかけがえのない愛犬がおり、一緒に成長し辛い別れを経験したからこそ、そんな飼い主様の気持ちもとてもよく分かります。
現在カウンセラーとしての仕事に誇りをもって取り組んでおりますが、カウンセラーを志すうえで貴重な経験をさせてくれた愛犬“モコ”との思い出です。

愛犬モコが我が家にやってきたのは、私が小学生低学年の頃です。
父親に犬が飼いたいと兄弟で言い続け、あるとき父親の知り合いから譲ってあげるという話があり我が家にやってくることになりました。
譲り受ける当日は父親がトラックで出かけ、私たち兄弟は父親が帰ってくるのを今か今かと待ち受けていたのを今でも鮮明に思い出します。
どんな子が来るのか色んな想像をしていましたが、やがて帰ってきたトラックの荷台を見ると被毛がモコモコした可愛らしいワンコが乗っていました。
血統書付きの綺麗な子ではありませんでしたが、私たちにとっては待ちに待ったワンコであり、とっても嬉しかったものです。
早速じゃれ合いながら遊んでいると、名前をどうしようかという話になりました。私が即座に『毛がモコモコしているからモコがいい!!』と提案し、めでたく(笑)モコに決まりました。名前に深い意味は全くありませんが(笑)、ここからモコとの生活が始まったのです。

それからの小学生生活の中では、モコとの楽しい思い出ばかりです。
毎日学校から帰ると友達と遊びに行くのですが、必ずモコを連れて行っていました。
モコと田畑を駆け回り、河川敷や空き地に行って遊ぶ時も常に一緒でした。
中学や高校に進学すると部活や行動範囲も広くなるため、以前のようには遊べなくなりましたが、それでも時間があるときは河川敷に行きサッカーのディフェンス役をしてもらったものです。
やがて高校を卒業し社会人になると独り暮らしを始めたため、モコと触れ合えるのもたまに実家に帰った時だけになりました。
たまにしか会えなくなると今までと違う雰囲気に気づくものです。それまで考えたこともありませんでしたが、今まで子供と思っていたモコも相応に年を重ね、我々人間でいうと65歳~70歳と高齢になっています。
以前とは明らかに運動量や食事量などが変わり、この先いつまで一緒に遊ぶことが出来るのか考えると急に寂しくなりました。
一年、 また一年と年を重ねるごとに着実に体力は衰え、いつかやってくると思っていたそ
の時は唐突にやってきました。
冬の風が冷たい日だったと思います。その日は実家に遊びに帰っており、家で食事をしてゆっくりした後でいつものように自宅に帰ろうと支度をしていました。
家の外に出ると、モコが自分のもとに歩み寄ってきます。これはいつも通りの出来事なのですが、いつもより元気がないのが少し気になっていました。
寒いからちょっと元気がないのかな?などと考えながら車に乗り自宅へと向かっているときです。バックミラーでふと後ろを見ると、小屋に繋がれているはずのモコがいるような気が…。
しばらくそのまま帰っていましたが、どうしても胸騒ぎがおさまらず途中で実家へと引き返しました。そして家に帰っていると、家に帰る途中の道端に見覚えのある姿が…。
急いで車を降り近付くと胸騒ぎの正体はやはりモコです。まだ微かに息があるようでしたが、命の灯が消えかかっているような状態。家までもう少しのところなので急いで抱きかかえ家まで連れて帰り、最後は家族全員で看取ることが出来ました。
安らかに眠るように息を引き取ったモコ…。

バックミラーで見えたのは気のせいでもなんでもなく、紛れもなくモコであり最後の力を振り絞って私の後を追ってきていたのです。
そんな事を考えていると今までのモコの姿が脳裏に浮かび、寂しい気持ちと悲しい気持ちで頭がいっぱいになり自然と涙が溢れ出していました。
その後、数日は悲しみに暮れていましたが、今までモコが自分に与えてくれたことを思い返しながら少しずつ気力を取り戻しました。
その身をもって教えてくれたこと…、それは動物の賢さであり、優しさであり、命の尊さ・重さです。
動物と人間の寿命に違いがある以上、ずっと一緒に暮らすことはできません。その中で家族同然の暮らしをしていれば悲しい別れはつきものですし、私もその気持ちは痛いほどよくわかります。一緒に暮らせる時間が限られているからこそ、学ぶことも多いですし家族としてしてあげるべきことも沢山あるはずです。

私は愛犬“モコ”のおかげか、愛犬・愛猫の病気に関するカウンセラーとしての日々を過ごしております。
これからもモコが私に教えてくれたことを胸に、少しでも多くの病気で辛い思いをしている愛犬・愛猫を救い、飼い主様の不安な気持ちを解消できるように全力で取り組んでいきたいと思っております。

お気軽にお電話でご相談下さい。《受付時間 10:00 ~ 18:00》
フリーダイヤル
0120-63-4780
定休日(土、日、祝日)にお電話いただいた場合、お電話番号の履歴が残りますので、
翌営業開始日に必ず相談スタッフから折り返しお電話を差し上げます。また、留守番電話に切り替わった際に、お名前ご用件を残していただけるとよりスムーズに対応できます。

お急ぎの方は、お電話でのご相談をおすすめします。
「血液検査表」をご用意の上、お電話くださいますようお願い申し上げます。

とにかく相談したいという方はお電話での相談をオススメします。
直接詳しくお話をお伺いすることができますので、今後の対策法に関して早くお伝えすることができます。

※留守番電話に切り替わった際にお名前、ご用件を残していただけると、よりスムーズに対応できます。

漢方カウンセラーの紹介

漢方カウンセラー/西山 漢方カウンセラー西山 漢方カウンセラー/小原 漢方カウンセラー小原

店舗案内

1444360212971

ギャラリー

1444360212971

薬匠堂ブログ

1444360212971

店休日の対応

※定休日(土、日、祝日)にお電話いただいた際には、留守番電話に切り替わります。お名前とご用件を残していただけますと、翌営業日にこちらからお電話いたします。 フリーダイヤル:0120-63-4780 FAX:0985-63-4788 Mail:info@yakushoudou.com

ピックアップ記事

  1. 2016/1/20

    症例集
    疾患別 症例集 こちらのページには、実際の患者様の症例集を…
  2. 2016/1/20

    疾患一覧
    私たちが漢方対策を得意としている疾患の一覧です。以下の疾患名…
  3. 2016/1/19

    店舗案内
    店舗案内 漢方相談薬匠堂 〒880-0951宮崎県宮崎市…

疾患一覧

腎臓病
腎臓病・透析回避

肝臓病
腹水胸水肝硬変、 黄疸、 肝性脳症、 食道静脈瘤

がん

婦人疾患
不妊症流産・不育症男性不妊症、 生理痛、 子宮筋腫、 子宮内膜症、 人工授精・体外受精、 顕微授精・胚移植

自己免疫疾患
潰瘍性大腸炎

皮膚疾患
尋常性乾癬掌蹠膿疱症ニキビ

 排尿障害
夜尿症

鼻の疾患
蓄膿症

目の疾患

緑内障

耳の疾患

耳鳴り

ペットの疾患
ペットの腹水ペットのIBDペットの癌FIPてんかん心臓病腎臓病皮膚病

営業日のお知らせ