nikibi

『繰り返すニキビを根本的に改善』

~体質改善が、根本的なニキビの解決に繋がる~

ニキビは若い方から、中高年の方まで幅広くお悩みの多い症状ではないでしょうか。症状が出ることでの辛さはもちろんのこと、周りの目も気になるなど精神的に辛い毎日を送っていらっしゃる方が多いようです。
『どうして私だけニキビができるの…。』
『良くなったり悪くなったりを繰り返してしまう…。』
『色々な化粧品を試してみたけど治らない…。』
『エステにも通ってみたけど、改善しない…。』
そして、実に様々な方法で今まで対策されていらっしゃる方がほとんどです。スキンケアももちろん大事ですが、いろいろ試した結果改善しないという事は他にニキビの出来る原因が潜んでいるという事です。皮膚表面をケアしても効果が出ないという事は、体内に問題があり長年積み重なってできた『ニキビ体質』という問題があるのです。薬匠堂ではご相談頂いた患者様が抱える問題点を見極め、『ニキビ体質』を根本的に改善するための漢方対策を日々行っております。ニキビは若い方から、中高年の方まで幅広くお悩みの多い症状ではないでしょうか。症状が出ることでの辛さはもちろんのこと、周りの目も気になるなど精神的に辛い毎日を送っていらっしゃる方が多いようです。
『どうして私だけニキビができるの…。』
『良くなったり悪くなったりを繰り返してしまう…。』
『色々な化粧品を試してみたけど治らない…。』
『エステにも通ってみたけど、改善しない…。』
そして、実に様々な方法で今まで対策されていらっしゃる方がほとんどです。スキンケアももちろん大事ですが、いろいろ試した結果改善しないという事は他にニキビの出来る原因が潜んでいるという事です。皮膚表面をケアしても効果が出ないという事は、体内に問題があり長年積み重なってできた『ニキビ体質』という問題があるのです。薬匠堂ではご相談頂いた患者様が抱える問題点を見極め、『ニキビ体質』を根本的に改善するための漢方対策を日々行っております。

~年齢でも変わるニキビ対策~

前述したようにニキビで長年悩んでいる方は、ニキビが出来やすい『ニキビ体質』になってしまっているのです。お一人お一人抱えている体質的な要因は異なりますが、年齢でみるだけでも大きく対策ポイントを分けることが出来ます。

≪思春期ニキビの要因≫

10代では男性、女性共にニキビで悩んでいる方が非常に多いようです。大人ニキビと比べると、そこまで体質が悪化しているケースも少ないので、しっかりとした対策を行うことで改善するケースも非常に多いです。早め早めの対策を心がけましょう。

●成長過程における過剰なホルモン分泌
思春期ニキビの場合は、成長過程におけるニキビの発生が多いようです。成長していること自体はいいことなのですが、ホルモン分泌が過剰になりすぎると、ニキビも発生しやすくなりますので、しっかりと調整していくことが大事になります。

●代謝エネルギーによる過剰な熱(炎症)の発生
元々の代謝エネルギーも大人に比べると断然高いため、自然と熱症状が強くなりやすい時期となります。発生した不要な熱(炎症)は身体の上部に上昇していきますので、顔にニキビが発生しやすくなるのです。また、発生した熱(炎症)が強いため、おでこの部分までニキビが出来やすくなるのも思春期ニキビの特徴です。

≪大人ニキビの要因≫

思春期を過ぎたあたりから自然とニキビは出来にくくなります。しかし、なかなかニキビが改善しない方は環境的な要因や体質的な要因が深くかかわっています。スキンケアなど様々な方法を試していい効果を得られなかったという方は、身体の内面から整えていく必要があります。
●ストレスなどによる自律神経の乱れ
大人になると会社や家庭内でのストレスが格段に強くなります。自律神経が乱れることで『気』の巡りが悪くなり、不要な熱症状も強くなり、血流も悪化しやすくなるのです。

●血流悪化状態が続くことによる、根本的ニキビ体質の悪化
血液の巡りが滞ると皮膚の炎症を強くしてしまう体質に陥りやすくなり、血が不足してしまうとお肌に栄養が十分にいき届かない状態に陥ってしまいます。

●慢性的な冷え体質により、炎症(皮膚)症状の悪化
血流悪化状態が長引いてしまうと、血液がドロドロになり慢性的に炎症が強くなりやすい体質に陥ってしまいます。
そして、体内は冷えてしまうため、様々な悪影響を及ぼしてしまうのです。

~ニキビの種類別対策ポイント~

≪紫ニキビタイプ≫

血液の巡りが慢性的に悪くなっている状態で、特に女性がトラブルを起こしやすいニキビの特徴です。婦人科系の疾患や、肩こり・頭痛などを伴う方が多く、生理の状況を伺うと月経血に塊が混ざり、ズドーンと重い生理痛で悩んでいる方が多いようです。

≪黄色ニキビタイプ≫

ニキビが黄色く化膿しているような状態の場合は、非常に炎症が強い状態にあります。炎症が強いという事は痛みも強いため、症状的には辛い状態が続きます。元々、炎症が強くなりやすいという体質的要因を持っている方や、食生活が乱れている方に多いタイプのニキビです。

≪赤色ニキビタイプ≫

赤い色をしたニキビも、一定以上に炎症が強い状態にあります。様々なストレスにより自律神経が乱れ、気の巡りが悪くなることで、体内に不要な熱(炎症)が発生した状態です。常にストレスが強い状態にある方や、生理前に症状が強くなる方、キューっと痛む生理痛に悩まされている方が多いようです。

≪白色ニキビタイプ≫

白色をしたニキビは全体的に虚弱な方が多く、エネルギー不足に陥っている方や水の巡りが悪い方が多いようです。
エネルギーが不足すると胃腸の働きの低下や免疫の低下が起こり、白いニキビが出来やすくなってしまいます。体内に余分な水が溜まってしまいやすい方も同様の症状が出やすくなります。疲れやすい方、胃腸が弱い方、偏頭痛やめまいに悩まされている方が多いようです。

~薬匠堂で実践する漢方対策~

前述したように、薬匠堂では患者様が抱える体質的要因を見極め、根本的に改善するための漢方対策を実践しています。患者様の年齢や皮膚の状態、ニキビの種類など様々な情報を総合的に判断した結果、患者様一人一人にあったオーダーメイド対策を組み立てることが出来るのです。

① 皮膚症状を徹底的に改善する漢方対策

●ニキビの症状、体質に応じた炎症対策
皮膚表面に症状はすべて炎症症状です。ニキビの炎症度合いや体質に応じて使用する漢方を見極めます。特に赤色ニキビや黄色ニキビの方、痛みなど症状が強い方は徹底的に炎症を排除する漢方対策を行います。

●『肺』を整える漢方対策
漢方医学で『肺』とは、肺としての働きだけでなく呼吸器全般の働きを司ると捉えます。皮膚も呼吸をしているという観点から、皮膚と『肺』は密接な関係にあります。皮膚が乾燥しやすく風邪を引きやすい方や、咳をよくする呼吸器系の弱い方などは積極的に対策する必要があります。

② ニキビの要因となる体質改善を促す、タイプ別漢方対策

【ストレスタイプ】
●自律神経を整える対策
特に大人ニキビで長年悩んでいる方には必要な対策になります。会社や家庭内でのストレスだけでなく、ニキビがあるというだけでも相当なストレス環境にありますので、しっかりとした対策が必要になります。

●『肝』を整える漢方対策
漢方医学では自律神経をコントロールするのが『肝』と捉えます。特にストレスの強い方や飲酒の機会が多い方など、肝の不調を感じる場合は、積極的に対策する必要があります。

【お血・水滞(循環が悪い)タイプ】
●体全体の血流を向上させる漢方対策
特に女性に多いのがこの血流悪化状態です。滞った血液の巡りをスムーズにすることで、炎症も排除しやすくなり、その他の不快症状も軽減しやすくなるのです。

●水分代謝を向上するための漢方対策
冷えが強い方や胃腸が弱い方など、水の滞り(水滞)が強い方に組み込む対策です。水滞が長引くと、炎症が強くなり体質的にも長引きやすくなってしまうのです。しっかりと体全体の水はけをよくすることで、なかなか改善しない白ニキビを根っこから改善していきます。

【脾気虚(エネルギー不足)タイプ】
●胃腸機能を整える漢方対策
慢性的にエネルギー不足の方は胃腸の働きも低下していきます。胃腸の働きが低下すると代謝能力が低下するために、摂取した栄養素が体内に余分な毒素として残り、ニキビとなって皮膚表面に症状が出てしまいます。なかなか改善しなかったり、繰り返し症状が出やすいタイプとなりますので、根気よく対策する必要があります。

~漢方ニキビ対策の流れ~

薬匠堂で対策する場合は、対策開始から漢方を減量するまで次のような流れで進めていきます。

① 患者様からのご相談連絡

患者様から電話やメールでのご相談を頂きます。
今までの治療経過、服用している薬の種類、症状の把握、体質チェックを細かく行います。

② 対策内容、処方内容の決定

上記内容を細かくチェックし状況を把握したうえで、患者様に必要な対策を検討し、処方内容を決定します。
この時点で詳しい漢方の種類やご費用の説明を、詳しくさせていただきます。
通常、患者様に必要な漢方薬を1~3種類組み合わせて対策していきます。

③ 漢方対策スタート

処方内容を決定し、漢方対策を始めるとなった時点で薬匠堂より漢方薬をお送りいたします。
漢方薬の服用方法、服用のタイミングなどは資料やお電話で詳しくご説明いたします。

④ 対策途中での経過報告

対策をスタートしてからは途中途中の経過報告でご連絡ください。
30日間隔で対策を進めていきますが、こちらから自動的に2か月目以降の漢方をお送りすることはありませんので、漢方がなくなる数日前にはご連絡いただいております。
また、気になる点や分からないことなどあれば、随時ご連絡ください。

⑤ 漢方薬減量の検討

漢方対策開始後、ニキビの症状や体質改善の経過を見極めながら、漢方薬減量の検討を行います。
具体的には、症状が改善傾向に入り3か月ほど経過した段階で、減量を検討します。
減量に関しては、患者様の状況をみながら随時検討していきます。

~ニキビ対策の心構え~

ニキビを対策する際の心構えは、やはり『じっくり根気よく対策する』という事でしょう。
長年悩んでいる方が多いということは、改善するまでにもある程度時間が必要と覚悟して対策する心構えが大事です。
薬匠堂でも最初からじっくり対策するつもりのない方には、漢方対策をお断りするケースも多々あります。
とはいっても、なかなか改善が見られなければ『焦り、不安』といった気持ちが出てくることも当然です。
そういった際は、随時ご連絡いただき不安な気持ちも解消しつつ、精神的にも症状的にもいい方向に持っていけるように努めております。

患者様に合った対策をじっくりと根気よく対策することさえできれば、ニキビが改善するケースは多いので、せっかく対策するのであれば腰を据えて対策を続けていきましょう。

~ニキビ対策の実例~

実例1
《服用の経過、効果の度合いには個人差がございます。》
年齢:26歳 性別:女性
【ニキビの状態】
・ニキビを押すと膿のようなものが出る
・顔全体に赤みが多い
・ニキビから出血するときがある
・繰り返し症状が出る

【体質】
・顔がのぼせて足が冷える
・冷えが強い
・職場でのストレスが強い
・胃痛や胸やけがすることが多い
・月経血がドロドロしていて血塊が混ざる

≪ご相談内容≫
中学生の頃からニキビで悩むようになり、高校生になると頬の荒れが酷かった。
成人してからもニキビは改善せず、顎などフェイスラインにニキビが出来るようになる。
仕事もしているので周りの目も気になり、精神的にも辛い状態が続いている。

≪対策開始1か月後≫
対策開始してまだ1か月しかたっていないが、ニキビが改善しているような気がする。
今まで色々と試した結果か改善しなかったので、驚いている。

≪対策開始3か月後≫
対策を開始してから改善がみられしばらくは調子が良かったが、ここ最近は顎のニキビが再発している状態。最近はストレスが強かったためそのせいなのか?

≪対策開始6か月後≫
以前に比べるとニキビの治りが早くなっており、肌の滑らかさも明らかに違ってきている。
生理状況や、冷え体質も随分と改善しており、根本的に良くなっているような感じがする。
このままもうしばらくは続けて完全に治していきたい。

≪考察≫
思春期の頃からニキビに悩まされているため、症状も強く体質的な要因も見受けられる。
症状を緩和するための漢方に血流をよくする漢方や自律神経を整える漢方を組み立て対策開始。
バランスよく組み立てたのが功を奏したのか、効果発現も早かった。
生理の状況も悪かったため、生理になると症状が悪化することもあったが、体質改善とともに根本的な変化が見られる。
しっかりと体質改善することで、結果的に早く完治に向かうことがハッキリと分かる実例。

実例2
《服用の経過、効果の度合いには個人差がございます。》
年齢:23歳 性別:男性
【ニキビの状態】
・ニキビやニキビ周辺に痒みがある
・ニキビを押すと、膿のようなものが出る

【体質】
・寒がりで冷え体質
・眠りが浅く、よく目が覚める
・よく胃が痛む
・喫煙をする

≪ご相談内容≫
1年ほど前からニキビが出来るようになり、3か月ほど前から症状が酷くなる。
ストレスのせいか胃が痛くなることも多く、皮膚は乾燥している。

≪対策開始1か月後≫
ニキビは全体的にかなり減っており、目立たなくなっている。
膿が出るような感じもなくなってきている。
胃が痛む日も少なくなり、睡眠状態も少しずつ改善されつつある。
まだ赤いニキビは少しあるので、このまま頑張って続けていきたい。

≪対策開始3か月後≫
ニキビはほぼ完治した。赤いニキビも全くなくなっている。
体質も順調に改善していると思う。

≪考察≫
大学を卒業して社会人1年目のため、環境の変化でストレスが相当強い状態。
皮膚の炎症を鎮める漢方に自律神経を整える漢方を追加。特に自律神経対策に重点を置いて対策を進める。
症状が出始めてまだ期間も短いため、対策開始後の改善反応は早かった。
ニキビに対してはストレスが非常に大きな要因となることが分かる実例。

~私生活の中で気を付けるべきポイント~

どの相談疾患でも同じですが、漢方だけ飲んでおけばどんな生活をしてもいいという訳ではありません。なかなか改善しない方のお話を伺うと、私生活の乱れがそのままという方も非常に多いと感じます。せっかく対策をするのであれば、なるべく効率よく効果が出るようにしなければいけません。簡単に私生活の中で気を付けるべきポイントを挙げておきますので、出来ていない部分があればしっかりと改善していきましょう。

◎夜更かしを控える
◎食事のバランスに気を付ける
※甘いもの脂っこいものを控え、和食中心を心がける
◎暴飲暴食を避ける
◎なるべくストレスを溜めないように心がける

まずは、お気軽に「お電話」または「メール」をください。
どのようなご質問にもお答えいたします!!〈相談無料です〉


≪ニキビメール相談(問診票)≫

「まずはメールで相談」という方は、こちらから問診にご回答の上、 ご送信下さい。
ご相談の予約状況によっては、当店からのメール返信が「3~4日後」になることもございますのでご了承下さい。

【電話でのご相談が優先となりますのでご了承くださいませ。】

お気軽にお電話でご相談下さい。《受付時間 10:00 ~ 18:00》
フリーダイヤル
0120-63-4780
定休日(土、日、祝日)や受付時間外にお電話いただいた際には、留守番電話に切り替わります。
お名前とご用件を残していただけますと、翌営業日にこちらからお電話いたします。

とにかく相談したいという方はお電話での相談をオススメします。
直接詳しくお話をお伺いすることができますので、今後の対策法に関して早くお伝えすることができます。

※留守番電話に切り替わった際にお名前、ご用件を残していただけると、よりスムーズに対応できます。

漢方カウンセラーの紹介

1444360212971

店舗案内

1444360212971

店主ブログ

1444360212971

ギャラリー

1444360212971

薬匠堂ブログ

1444360212971

ピックアップ記事

  1. こちらのページには、実際の患者様の症例集をまとめました。

    2016/1/20

    症例集
    疾患別 症例集 こちらのページには、実際の患者様の症例集を…
  2. tenpo_6

    2016/1/20

    疾患一覧
    私たちが漢方対策を得意としている疾患の一覧です。以下の疾患名…
  3. tenpo_b

    2016/1/19

    店舗案内
    漢方相談薬匠堂 〒880-0951宮崎県宮崎市大塚町樋ノ口…

疾患一覧

腎臓病
腎臓病・透析回避

肝臓病
腹水胸水肝硬変、 黄疸、 肝性脳症、 食道静脈瘤

がん

婦人疾患
不妊症流産・不育症男性不妊症、 生理痛、 子宮筋腫、 子宮内膜症、 人工授精・体外受精、 顕微授精・胚移植

自己免疫疾患
潰瘍性大腸炎

皮膚疾患
尋常性乾癬掌蹠膿疱症ニキビ

 排尿障害
夜尿症

鼻の疾患
蓄膿症

目の疾患

緑内障

耳の疾患

耳鳴り

ペットの疾患
ペットの腹水ペットのIBDペットの癌FIPてんかん心臓病腎臓病皮膚病

営業日のお知らせ

店休日の対応

※定休日(土、日、祝日)にお電話いただいた際には、留守番電話に切り替わります。お名前とご用件を残していただけますと、翌営業日にこちらからお電話いたします。
フリーダイヤル:0120-63-4780
FAX:0985-63-4788
Mail:info@yakushoudou.com